2013年04月19日

モンブラン 万年筆

モンブランは、1906年に、ドイツ・ハンブルグの文具商らが
エボナイト製スポイト式の万年筆を製作したことから始まりました。


1908年にはモンブラン社の前身となるシンプロ・フィラー・ペン社を設立ています。


ロゴマークはヨーロッパ最高峰の山であるモンブランからつけられています。


代表作マイスターシュティックは、1924年制作以来、
今も続けて人気が高い製品で、
20世紀を代表する万年筆といっても言い過ぎではないでしょう。


万年筆は若い人にはあまりなじみではありませんが、
手書きを好む作家たちなどには、根強い人気で、
知識階級の方たちのステータスを表す小道具となっています。


その中でも、
モンブランの万年筆は、ステータスを最も表すブランドなのです。


モンブランの万年筆で一番人気のマイスターシュティックのシリーズは、
3万円台から7万円台まで用意されています。


ボールペンがほとんどの時代ですが、
やはりいちど万年筆で紙をすべらせる快感を味わった人は、
ボールペンでは味わえない万年筆の書き味から離れられないでしょう。


posted by モンブランナビゲーター at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | モンブラン 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。